ボリュームが無くなってきたのなら女性育毛剤を使おう

確実な薄毛の治療方法

男の人

主流になっているのは2つ

薄毛の悩みを解決する手段として確実な方法は、自毛植毛と呼ばれる自分の髪の毛を移植するものです。手術によって頭髪を再配置して、細胞が定着すれば成長しつづける髪の毛が手に入る方法です。投薬治療などで上手くいかなかった人でも、自毛植毛で目立たなくなるため、諦める必要はありません。その手術の内容ですが、実に様々な方法があり、現在の技術から安全性や定着率の高さを考慮して、主流となっているのはFUT法とFUE法の2つです。FUT法はメスを使った手術で、主に頭髪の残る後頭部を帯状に皮膚から切除して、毛根の細胞ごとドナーを纏めて採取します。一度に多くのドナーを採取できる利点があり、切除したドナーは細かく分けて、薄毛の部分に少しずつ移植していきます。自毛植毛でも広い範囲で高密度のボリュームに仕上げることができ、頭頂部や前頭部で明らかに目立つ薄毛の人に最適な方法です。対するFUE法はメスを使わず、パンチと呼ばれる機器で、毛根を1つずつくり抜くドナー採取方法です。頭皮が固くFUT法では縫合が難しいとされていた患者にも可能で、傷跡が小さく目立ちにくいというメリットがあります。くり抜く範囲は後頭部全体、隣り合った毛根からは採取できないため、ドナーの採取量はFUT法より少ないですが、植毛手術のダウンタイムが何よりも短く、人に分かりにくいので人気が急増しています。薄毛の部分をピンポイントでボリュームアップできることから、特に前頭部の生え際に有効な手段となります。